内側と外側からアプローチ!様々なむくみ対策方法

正しいサプリの選び方~むくみ対策に有効な成分を把握~

運動とサプリどちらがいい?むくみ対策徹底比較

運動でむくみにくい身体を作る

むくみ対策として運動を取り入れる方法はおすすめです。ところが運動した直後にむくみが解消するのではなく、一定期間運動をすると「むくみにくい」身体を築くことができます。運動はむくみにすぐ効果がでるのではなく、むくみが起きにくくなる効果があります。

運動をしながら身体の内側はサプリで対策

むくみにくい身体作りは時間がかかる、早めに解消したいというときにはサプリを利用します。すぐに効果はでませんが、飲んでいくと身体の内側から改善しむくみ予防もすることができます。運動不足を解消しながら、サプリメントで体の内側からも対策することがおすすめです。

体を冷やさないのもむくみ対策の一つ

身体を温めると血の巡りがよくなり、むくみの大敵となる余分な水分を回収してくれます。身体がむくんでいるときには、お湯に使って身体を温めてあげることが大切です。ポイントはシャワーで温めるではなく「お湯につかる」ことです。お湯につかると体に水圧がかかって、血の巡りが良くなり余分な水分の回収を早めることができます。

内側と外側からアプローチ!様々なむくみ対策方法

足

ついつい取り過ぎちゃう!むくみを招く食べ物

塩分が多い食べ物は喉が乾いてしまい水分を多く摂ってしまいます。余分な水分がうまく排泄できないと、水分が残ってしまって「むくみ」を引き起こします。
・梅干
・漬物
・ラーメン
・かけうどん
・味噌汁
・魚の練り物(かまぼこやはんぺんなど)
・おでん
・ハムやベーコンなどの加工品
など、塩分が多い食べ物です。食べ過ぎには注意します。

体を温める食材を摂ろう

野菜・・・人参、たまねぎ、ごぼう、かぼちゃなど
・冬が旬の野菜ですが、積極的に摂取していきましょう。しかし、トマトは原産が南米なので身体を冷ましてしまい、白菜も旬は冬ですが、葉物野菜なので身体を冷ましてしまうので気をつけておくとよいです。
果物・・・りんご、ぶどう、さくらんぼ、プルーンなど
・寒い地方でとれる
調味料・・・塩、黒糖、味噌、しょうゆなど
・塩辛いもの
魚・・・鮭、まぐろ、かつお、カニなど
・北の海で獲れる魚や赤身の魚
肉・・・ラム、鹿肉、牛肉、鶏肉など

サプリで摂取したい成分

・カリウム・・・余分な塩分を排出を促します。
カリウムは過剰摂取したナトリウムを排泄を促す働きがあり、ナトリウムと一緒に細胞内外の濃度を保つ役割があります。
・シトルリン・・・体内にある水分を排出する利尿作用があります。
冷えやむくみ、新陳代謝を改善する効果があります。
・ポリフェノール・・・優れた抗酸化作用と血液をサラサラ効果があります。
特に赤ブドウ葉から摂れるポリフェノールは、足のむくみに効果的

効果の高いサプリの選び方

効果の高いサプリの選び方
むくみ対策としてサプリを選ぶときには
・効果的な栄養成分が含まれているか
・栄養表示がしっかりされているもの
・天然の原料使っているもの
・栄養バランスの偏りを防ぐために複数の栄養素が組み合わされているもの
・無添加・無着色のもの
・熱加工されていないもの
といったポイントを抑えながら選んでいきます。
サプリは不足がちな栄養素を補うために利用します。特にむくみ対策として代表的なカリウムは熱が加わると栄養素が失ってしまうため加工されていないものを選びます。

広告募集中