人気のむくみ対策方法【マッサージとツボ押しを取り入れよう】

産後のむくみ対策~骨盤ベルトやむくみ解消靴下の利用~

こまめにむくみを解消していくことが大切

むくみを放置していると取れにくくなり、より不快感や痛みを感じるようになってしまいます。足が重くなってしまったり、足首が太くなってしまったりと靴が履けなくなってしまうことがあります。むくみはひどくなると血栓ができてしまって、エコノミー症候群を発症してしまうこともあります。こまめにむくみ対策をすることが大切です。

効果の高いむくみ対策ベスト3

no.1

足のむくみにはマッサージがおすすめです。

・つま先から足首に向かって押していく
・足の裏をつま先からかかとへ向かって押していく
・足の指に手の指を絡め、足首を回していく
・かかとを親指と人差し指でつまみながら上下にマッサージ
・足のすねからふくらはぎのマッサージは、足の骨にそって膝まで押していき、膝の後ろのくぼんだ部分のリンパ節に向かってマッサージ
・膝から足の左右の大腿部の付け根部分にあるリンパ節に向かってマッサージ
お風呂や足湯など足を温めたあとにマッサージをすると、血行が良くなって溜まった老廃物や水分などが流れやすくなり効果的です。

no.2

ツボ押しで血行改善とむくみ解消

足には血行が良くなったり、むくみ解消に効果的なツボがあります。
・足の裏の土踏まずの少し上のツボ・・・足の疲れに効果的
・くるぶしの内側指4本分ほど上の筋肉と骨の間・・・冷え性に効果的。足先が温まってきます。
マッサージをしながら、ツボ押しも一緒に行うとより効果的です。

no.3

顔のむくみやまぶたに重さがあるときには

顔がむくんでいる、まぶたに重さを感じるときには足湯がおすすめです。足湯はシャワーよりも短時間で身体を温めることができ、顔がすっきりします。耳の後ろの骨からまっすぐ下に落とした場所と喉仏から水平に伸ばした場所にあるツボも顔のむくみには効果的です。

人気のむくみ対策方法【マッサージとツボ押しを取り入れよう】

女の人

産後は特にむくみが発生しやすい

産後むくみやすい理由は
・赤ちゃんに栄養を送るため妊娠中は血液量が増加していますが出産によって体外に出てしまいます。体内の水分が出てしまうために身体が水分を守るために溜める働きをするため
・授乳に必要な水分を溜める働きをする
・赤ちゃんに気を配る時間が増えるため睡眠不足や運動不足になる
・帝王切開での出産の場合、しばらく身体を動かすことができないため

骨盤を整える骨盤ベルトを使用しよう

出産後の骨盤は半年ほどで元に戻るといわれています。ところが産後のケアや日常生活の過ごし方によって骨盤が歪んだまま戻ってしまいます。骨盤が歪んだままでは、むくみや腰痛、肩こりなどの原因となってしまいます。骨盤ベルトを巻くと骨盤を安定させて、元の位置に戻りやすくなります。

ストレッチを取り入れてむくみ撃退

ストレッチをすると筋肉が柔らかくなり、血液やリンパの流れがよくなり身体に溜まった老廃物を体外に排出しやすくなります。夕方ぐらいから血液が下半身に滞りやすくなり、足には水分が溜まってむくんだ状態となってっしまいます。寝る前にストレッチを行うとむくみだけでなく、疲れも取れてより良い睡眠が取れやすくなり次の日の朝にはすっきりと目覚めることができます。

むくみ防止ソックスやタイツを活用

むくみ対策として利用することができる着圧ソックスやタイツはむくみを感じてからでは間に合いません。足に圧を掛けマッサージ効果があるため、むくみを改善することができますが、本来の目的は足の下から上に血行を促す働きがあるためむくみ予防に利用します。着圧ソックスやタイツは足首に圧力がかかるようになっています。履くときには、「足首をしっかり合わせる」ことがポイントです。

広告募集中